尾木ママら激怒の“同性愛批判”市議 ツイッターから撤退

公開日:  更新日:

「同性愛者は異常」などとツイートし、その後、謝罪した神奈川県海老名市の鶴指眞澄市議(71)が4日までに、問題のつぶやきを書き込んだツイッターアカウントを削除していたことが分かった。

 鶴指市議は29日、同性愛者について「生物の根底を変える異常動物」などとするツイートを投稿。批判が殺到した結果、同日に当該ツイートを削除し、「不適切な表現であったことを深くお詫び申し上げます」とツイッターで謝罪した。

 テレビ局から取材を受けた際には、酒に酔った状態での書き込みだったと説明。鶴指議員に対しては市議会が辞職勧告決議案を賛成多数で可決するなど、いまだ余波は収まっていない。

 問題の発言をめぐっては、著名人からも非難が殺到。「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹氏(68)は「最低発言!!恥ずべき最悪の人権侵害!!一刻も早く議員辞職されることおすすめします!!」と一刀両断していたほか、タレントのクリス松村は「異常動物…今、ブログを書きながら涙が滲んでいます。実に哀しい」と怒りをあらわにしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る