米国の不都合な真実を映す 映画「ボーダーライン」の迫真

公開日:  更新日:

 あらゆる業界同様、映画界にも流行がある。昨年は007シリーズの新作をはじめスパイ映画が多数公開されたが、今年はメキシコ国境問題など麻薬に関連する映画が集中している。

 たとえばメデジン・カルテルを興した麻薬王の娘とのスリリングな恋を描く「エスコバル/楽園の掟」(公開中)。オスカー監督キャスリン・ビグロー製作によるメキシコ麻薬戦争のドキュメンタリー「カルテル・ランド」(5月7日公開)。さらにリドリー・スコット監督も、メキシコ麻薬王の伝記映画の製作を進めている。

 そんな中でも現代アメリカの抱える闇を暴いたとして高く評価されているのが「ボーダーライン」(公開中)だ。その魅力と時事性の高さについて、映画批評家の前田有一氏はこう語る。

「似たテーマの映画が同時期に重なるのは、それだけ今の米国人にとって深刻な社会問題ということです。本作は劇映画ながら、メキシコ麻薬戦争に対して米国政府がひそかに法を無視した暴力で対応していることをにおわせるなど、表立っては報道されにくい現地の状況を描いています。カナダの誇る名監督ドゥニ・ヴィルヌーヴだからこそ、米国にとっての不都合な真実にも突っ込めたのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る