米国の不都合な真実を映す 映画「ボーダーライン」の迫真

公開日:  更新日:

 あらゆる業界同様、映画界にも流行がある。昨年は007シリーズの新作をはじめスパイ映画が多数公開されたが、今年はメキシコ国境問題など麻薬に関連する映画が集中している。

 たとえばメデジン・カルテルを興した麻薬王の娘とのスリリングな恋を描く「エスコバル/楽園の掟」(公開中)。オスカー監督キャスリン・ビグロー製作によるメキシコ麻薬戦争のドキュメンタリー「カルテル・ランド」(5月7日公開)。さらにリドリー・スコット監督も、メキシコ麻薬王の伝記映画の製作を進めている。

 そんな中でも現代アメリカの抱える闇を暴いたとして高く評価されているのが「ボーダーライン」(公開中)だ。その魅力と時事性の高さについて、映画批評家の前田有一氏はこう語る。

「似たテーマの映画が同時期に重なるのは、それだけ今の米国人にとって深刻な社会問題ということです。本作は劇映画ながら、メキシコ麻薬戦争に対して米国政府がひそかに法を無視した暴力で対応していることをにおわせるなど、表立っては報道されにくい現地の状況を描いています。カナダの誇る名監督ドゥニ・ヴィルヌーヴだからこそ、米国にとっての不都合な真実にも突っ込めたのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る