パーマ大佐「森のくまさん」 気になる円満解決のお値段は

公開日:

 お笑い芸人のパーマ大佐(23)による童謡「森のくまさん」の替え歌騒動。日本語詞の馬場祥弘氏(72)が、パーマ大佐とCDを出したレコード会社に対し、慰謝料として300万円の支払いを求めていたのだが、1日に馬場氏の代理人が「円満解決で合意した」と発表。

 騒動は一応、収束した。気になるのは円満解決のお値段。双方は対価の支払いの有無などについては明かしていない。芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「馬場氏側には提示額の半分、150万円程度が支払われたのではないでしょうか? 07年には、森進一が『おふくろさん』にセリフを加えたことに、同曲を作詞した作詞家の川内康範氏が激怒。森は同曲を歌うことを禁じられたことがありました。そのくらい原作者の意向は重要で、改作側に弁解の余地はない。今回の件で馬場氏も入らないお金が入ったし、パーマ大佐も話題の『森のくまさん』が歌えれば仕事も入る。双方最高の妥協案になったと思います」

 騒動のおかげでオリコンのデイリーランキングは29位(4日現在)と好調。7日は「R-1ぐらんぷり2017」の準々決勝がある。晴れて解禁の「森のくまさん」で準決勝進出か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る