パーマ大佐「森のくまさん」 気になる円満解決のお値段は

公開日:

 お笑い芸人のパーマ大佐(23)による童謡「森のくまさん」の替え歌騒動。日本語詞の馬場祥弘氏(72)が、パーマ大佐とCDを出したレコード会社に対し、慰謝料として300万円の支払いを求めていたのだが、1日に馬場氏の代理人が「円満解決で合意した」と発表。

 騒動は一応、収束した。気になるのは円満解決のお値段。双方は対価の支払いの有無などについては明かしていない。芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「馬場氏側には提示額の半分、150万円程度が支払われたのではないでしょうか? 07年には、森進一が『おふくろさん』にセリフを加えたことに、同曲を作詞した作詞家の川内康範氏が激怒。森は同曲を歌うことを禁じられたことがありました。そのくらい原作者の意向は重要で、改作側に弁解の余地はない。今回の件で馬場氏も入らないお金が入ったし、パーマ大佐も話題の『森のくまさん』が歌えれば仕事も入る。双方最高の妥協案になったと思います」

 騒動のおかげでオリコンのデイリーランキングは29位(4日現在)と好調。7日は「R-1ぐらんぷり2017」の準々決勝がある。晴れて解禁の「森のくまさん」で準決勝進出か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る