映画「グレートウォール」 ハリウッドのみ込む中国マネー

公開日:

「日本の映画界が逆立ちしても敵わない規模とスケールです」(映画プロデューサー)

 万里の長城といえば史上最大の建造物として世界遺産にも登録されているが、それを舞台にした歴史ファンタジー映画「グレートウォール」(公開中)が日本の映画関係者を驚愕させている。

 監督は北京五輪開会式も手掛けた中国の巨匠チャン・イーモウ。製作費150億円をかけた米中合作の超大作で、60年に一度襲い来る伝説の怪物、饕餮(とうてつ)を迎え撃つ中国軍の奮戦を描く。主演は「ジェイソン・ボーン」シリーズで知られるハリウッドのアクションスター、マット・デイモンで、彼らの奮闘に人生観を変えられる西洋人傭兵を演じる。その圧倒的スペクタクルについて、映画批評家の前田有一氏がこう語る。

「まさに中国にしかできない、常軌を逸したスケールの大作です。エキストラ500名に大勢のスタントマンを加えた人海戦術というべき大規模な戦闘シーンが特にすごい。地平の彼方まで埋め尽くしそうな数の化け物を相手に、味方が何百人討ち取られようと怯まず突進してゆく。そんな長城守備隊の戦いっぷりに圧倒されます。ちなみに長城はセットですが、映画界の常識ではありえない本物同様のレンガ造りで、ハリウッドのスタッフを仰天させたそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る