あの「水族館劇場」が9月に横浜で「最終未完成版」を披露

公開日:

 2016年5月の三重県・芸濃町、17年4月の新宿・花園神社に続いて「水族館劇場」が、9月に横浜寿町労働センター跡地(横浜市中区寿町4―14―1)に出現。「もうひとつの この丗のような夢 寿町最終未完成版」である。

 大掛かりな野外舞台を作り上げて数トンにもなる水を使ったり、馬などの動物を使ったり、自作の大仕掛けに熱狂的ファンがフォローする「水族館劇場」。現在では珍しい“見せ物小屋”テイストにあふれ、見る者の度肝を抜きながら魅了していく。今回公演は9月1日(金)~5日(火)と13日(水)~17日(日)。開演は午後6時半。前売り券は4500円。今月31日まで電話予約も受け付け(℡080・2339・5615)。当日券4800円。中高生割引券3000円もある。

 同会場では9月17日まで各種のイベントが行われ、9日(土)には、文筆家・風俗ライターにして「水族館劇場」の役者でもある伊藤裕作氏が同じ稼業の鈴木義昭氏、本橋信宏氏、東良美季氏を呼び寄せて「黄金時代のエロ本水滸伝」という座談会を行う。午後5時半開演。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る