「きみ棲み」で好演 幅を広げた向井理とマルチな桐谷健太

公開日:

 吉岡里帆(25)の連続ドラマ初主演で注目された「きみが心に棲みついた」(TBS系)。20日放送の最終回まで平均視聴率は1ケタ台と数字こそ振るわなかったが、そんな中で一気に株を上げたのが向井理(36)だ。

 吉岡と向井、そして桐谷健太(38)の三角関係のラブストーリーの中で、向井は“冷酷なエリート”を演じてみせたが、ドラマの公式サイトには「(向井の)今までの作品では見たことのない、ゾクッとするような怖い顔や寂しく絶望的に悲しそうな表情を見られて良かった」「このドラマで向井理さんのファンになりました」「私の中に向井理が棲みついた」などなど、女性ファンの熱いメッセージが多数寄せられている。

 向井は2016年にコミカルミステリー「神の舌を持つ男」(TBS系)で、舌であらゆる成分を分析できるという主人公の大学院生を演じたが、こちらも平均視聴率は1ケタ台。映画化までされたが、不発に終わっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る