ドラマ初主演 “中国のセンセイ”蒼井そらの体当たり艶技

公開日: 更新日:

 BSジャパンの深夜ドラマ「逃亡花」(14日初回、土曜24時~)放映に先駆け、主演の蒼井そら(34)、永沢俊矢(56)、大浦龍宇一(49)が9日、テレビ東京で行われた記者会見に登場した。

 本作は同名漫画が原作。ドラマ化するにあたって主演は絶対蒼井でなければ成立しないと、プロデューサーが温めていた作品だ。物語は、夫殺人の濡れ衣を着せられた主婦が、逃亡しながら真犯人を探すサスペンスエンタメ。蒼井演じる主人公は、どん底に突き落とされても周囲の男たちを翻弄しつつ、のし上がっていく「戦う女」。ヌードも辞さない蒼井の体当たりの艶技も見どころのひとつだ。

 蒼井は、セクシー女優として中国で圧倒的な知名度を誇り、中国版ツイッター「ウェイボー」のフォロワー数は日本の芸能人でダントツ。「性の師匠・蒼井そら老師(センセイ)」とまで言われている。

 大浦が「アジア映画のような感じに仕上がっていて、そらさんファンの中国の方たちもたまらないと思う」と言うと、プロデューサーも中国進出ビジョンがあることも明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  3. 3

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  4. 4

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    小池知事が急に元気に…「五輪からコロナに移る希望の党」

  7. 7

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  8. 8

    急ピッチで進む検察捜査 ターゲットは河井克行前法務大臣

  9. 9

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  10. 10

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

もっと見る