• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラマ初主演 “中国のセンセイ”蒼井そらの体当たり艶技

 BSジャパンの深夜ドラマ「逃亡花」(14日初回、土曜24時~)放映に先駆け、主演の蒼井そら(34)、永沢俊矢(56)、大浦龍宇一(49)が9日、テレビ東京で行われた記者会見に登場した。

 本作は同名漫画が原作。ドラマ化するにあたって主演は絶対蒼井でなければ成立しないと、プロデューサーが温めていた作品だ。物語は、夫殺人の濡れ衣を着せられた主婦が、逃亡しながら真犯人を探すサスペンスエンタメ。蒼井演じる主人公は、どん底に突き落とされても周囲の男たちを翻弄しつつ、のし上がっていく「戦う女」。ヌードも辞さない蒼井の体当たりの艶技も見どころのひとつだ。

 蒼井は、セクシー女優として中国で圧倒的な知名度を誇り、中国版ツイッター「ウェイボー」のフォロワー数は日本の芸能人でダントツ。「性の師匠・蒼井そら老師(センセイ)」とまで言われている。

 大浦が「アジア映画のような感じに仕上がっていて、そらさんファンの中国の方たちもたまらないと思う」と言うと、プロデューサーも中国進出ビジョンがあることも明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  4. 4

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  10. 10

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

もっと見る