てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

盲目の濱田祐太郎は視野の狭い健常者を「笑い」に変える

公開日:

 確かに濱田のネタは「障害者自身の自虐ネタ」と解釈されることが多い。しかし、千原ジュニアが「自虐でも何でもなくて、世の中のバカさ加減を笑っている」(NHK・Eテレ「ハートネットTV」18年4月23日)と評価したように、障害を笑いモノにしているのではなく、視野が狭く分かっていない健常者の方こそを笑いモノにしているのだ。

 TBSの「水曜日のダウンタウン」(18年5月2日)では「『箱の中身は何だろな?』得意な芸人№1濱田祐太郎説」が検証された。常に視覚に頼らずに生活している濱田ならば、触覚だけで何かを当てるゲームも強いはずだ、と。

 実際、タケノコや電気ヒゲ剃りを30秒近くで即答。しかし、イグアナには12分以上かかってしまう。なぜなら、一度も触ったことがなかったからだ。そうしたある意味で当たり前の結果にもハッとさせられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る