• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

腕枕NGの名投手もいた 12球団中6球団のプロ野球選手と交際

 山口洋子ママのクラブ「姫」にいたおかげで、12球団中6球団の選手とお付き合いしたことがありました。もちろん、二股をするわけではなくてプロ野球選手との出会いがそのくらい必然的だったのです。

 22歳の頃、最初にお付き合いしたのは大洋ホエールズの投手。野球といえば王、長嶋……あとは銀座の女相手に「やらせろ!」と言ってくる、“喝!”のあの方ぐらいだったので、野球選手には興味がありませんでした。ところが、ある日先輩に連れられてきた彼はとてもイケメンで、大卒でプロに入ったので年齢的にも私と近く、二つ返事で帰りに食事に行き、彼の宿泊先に行きました。鍛えた体もすてきで、私はすっかり恋に落ちました。翌朝、家に帰る途中、駅のキオスクに寄ると彼の顔が全スポーツ紙の一面になっている。なんと彼は、昨晩、巨人と対戦して勝利した「完封投手」だったのです。スター選手ばかりの巨人に大洋が勝つこと自体が奇跡。そんな祝杯の日に私は抱かれたのでした。彼が東京に来るときは会う関係が1、2年続いたでしょうか。見た目もとても洗練されていた彼は早々とプロを辞め、お父さんの会社に入ったと聞いています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る