田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

腕枕NGの名投手もいた 12球団中6球団のプロ野球選手と交際

公開日: 更新日:

 山口洋子ママのクラブ「姫」にいたおかげで、12球団中6球団の選手とお付き合いしたことがありました。もちろん、二股をするわけではなくてプロ野球選手との出会いがそのくらい必然的だったのです。

 22歳の頃、最初にお付き合いしたのは大洋ホエールズの投手。野球といえば王、長嶋……あとは銀座の女相手に「やらせろ!」と言ってくる、“喝!”のあの方ぐらいだったので、野球選手には興味がありませんでした。ところが、ある日先輩に連れられてきた彼はとてもイケメンで、大卒でプロに入ったので年齢的にも私と近く、二つ返事で帰りに食事に行き、彼の宿泊先に行きました。鍛えた体もすてきで、私はすっかり恋に落ちました。翌朝、家に帰る途中、駅のキオスクに寄ると彼の顔が全スポーツ紙の一面になっている。なんと彼は、昨晩、巨人と対戦して勝利した「完封投手」だったのです。スター選手ばかりの巨人に大洋が勝つこと自体が奇跡。そんな祝杯の日に私は抱かれたのでした。彼が東京に来るときは会う関係が1、2年続いたでしょうか。見た目もとても洗練されていた彼は早々とプロを辞め、お父さんの会社に入ったと聞いています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  6. 6

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  7. 7

    自民党稲田朋美氏 未婚ひとり親家庭の支援拡大から変化を

  8. 8

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  9. 9

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  10. 10

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る