ヒロシさん<4>ホストから逃げる間に書いた「ヒロシです」

公開日: 更新日:

 一度は芸人を諦めた。ホストの仕事は簡単に辞めさせてもらえず、週6日働きづめの生活から逃れるには東京を出るしかなかった。それが2003年ごろ。店が潰れたのを知ってから再び上京し、改めてお笑いの道に進んだ。

「バイトで生活費を稼ぎながら、フリーのピン芸人として月20本はライブに出ていました。ネタはホストから逃げていた間に書いていて、それが『ヒロシです』だったんです。もう東京には戻れないと思っていたので、発表する予定もなかったんですけどね」

 ライブなど活動を見ていた大手芸能事務所「サンミュージックプロダクション」から声が掛かり、芸人として所属すると、日テレ系のバラエティー番組「エンタの神様」やテレ朝系の「笑いの金メダル」などに出演。04年には、「ヒロシです」で大ブレークする。

「テレビで売れていたときは最高月収が4000万円になりましたが、売れてから数カ月後に30万円の給与が振り込まれたときが本当にうれしかったです。初めて、ひと月生活できる金を稼いだという実感がありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る