「ゴッドファーザー PARTⅡ」戦国時代と被るマフィア抗争

公開日: 更新日:

1974年 フランシス・フォード・コッポラ監督

「ゴッドファーザー」(1972年)の続編でロバート・デ・ニーロの出世作。「PART Ⅱ」という言葉は本作から広まった。続編も高評価を受けた映画はこれが初めてといっていい。

 前作で父ビトー・コルレオーネの跡目を継いだマイケル(アル・パチーノ)がモー・グリーンら実力者たちを抹殺したため、そのつけが回ってくるのが物語の主軸。キューバ革命や上院委員会での追及などに若きビトーの成功物語と復讐劇がかぶさる。全編が見せ場の連続だ。

 マイケルが寝室で銃撃されるのがストーリーの発端だ。勘のいいマイケルは大親分のハイマン・ロス(リー・ストラスバーグ)が黒幕と気づきながら、ロスにトラブルの解決を相談。窮鳥が猟師の懐に飛び込んだのはいいが、襲撃を手引きしたのが兄のフレドだと気づいてがくぜんとするのだ。

 マイケルの窮状を「満つれば欠ける」と単純化する見方もあるが、実兄と老臣を軽んじたことで人間関係がこじれ、老獪なロスにつけこまれたと考えたほうが分かりやすい。そういう意味で失敗学の参考書でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る