ジャニーズ春ドラマ主題歌売り上げに“新高古低”の異変アリ

公開日: 更新日:

 6月も終盤に差しかかり、令和の始まりを飾った春ドラマの数々も最終回を迎えた。好評を博したもの、爆死したもの……様々な評価が出揃ったわけだが、ドラマといえば、物語に華を添える主題歌も忘れてはならない。

 とりわけジャニーズのタイアップは、もはやドラマ業界には欠かせない。そんな新時代を迎えた令和一発目のジャニーズ・ドラマ主題歌は一体、どんな成績だったのか。視聴率と売り上げは比例するのか。振り返ってみよう。

 まず、ダントツの売り上げを叩き出したのは、Hey!Say!JUMP。メンバーである伊野尾慧(29)出演「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の主題歌「愛だけがすべて -What do you want?-」は、オリコン週間DVDランキングで初週売り上げ18.5万枚。

 同じくメンバーの知念侑李(25)出演ドラマ「頭に来てもアホとは戦うな!」(日本テレビ系)の主題歌を収録した「Lucky-Unlucky/Oh! my darling」はオリコン初週19.9万枚と、今期だけで2つのタイアップ曲をリリース。しかもそれぞれが初週だけで20万枚に迫る勢いで、ジャニーズ・春ドラマ主題歌の売り上げでは1位2位を独占。両主題歌とも深夜枠のドラマにも関わらず、ジャニーズの先輩たちが担当したゴールデン・プライム帯(以下GP帯)の主題歌を上回る売り上げをマークしたのは世代交代のあらわれか、はたまた、まぐれか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  4. 4

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  5. 5

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  6. 6

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  7. 7

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    教師間集団イジメ 神戸市教育委はまだ事件を放置するのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る