ジャニーズ春ドラマ主題歌売り上げに“新高古低”の異変アリ

公開日: 更新日:

 6月も終盤に差しかかり、令和の始まりを飾った春ドラマの数々も最終回を迎えた。好評を博したもの、爆死したもの……様々な評価が出揃ったわけだが、ドラマといえば、物語に華を添える主題歌も忘れてはならない。

 とりわけジャニーズのタイアップは、もはやドラマ業界には欠かせない。そんな新時代を迎えた令和一発目のジャニーズ・ドラマ主題歌は一体、どんな成績だったのか。視聴率と売り上げは比例するのか。振り返ってみよう。

 まず、ダントツの売り上げを叩き出したのは、Hey!Say!JUMP。メンバーである伊野尾慧(29)出演「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の主題歌「愛だけがすべて -What do you want?-」は、オリコン週間DVDランキングで初週売り上げ18.5万枚。

 同じくメンバーの知念侑李(25)出演ドラマ「頭に来てもアホとは戦うな!」(日本テレビ系)の主題歌を収録した「Lucky-Unlucky/Oh! my darling」はオリコン初週19.9万枚と、今期だけで2つのタイアップ曲をリリース。しかもそれぞれが初週だけで20万枚に迫る勢いで、ジャニーズ・春ドラマ主題歌の売り上げでは1位2位を独占。両主題歌とも深夜枠のドラマにも関わらず、ジャニーズの先輩たちが担当したゴールデン・プライム帯(以下GP帯)の主題歌を上回る売り上げをマークしたのは世代交代のあらわれか、はたまた、まぐれか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る