低迷「いだてん」V字回復の鍵は女性アスリートの感動秘話

公開日: 更新日:

 NHK大河ドラマいだてん」第2部が6月30日からスタートした。第2部の主人公は、1964年の東京オリンピック誘致の立役者、田畑政治(阿部サダヲ)。7日放送の第26話では、1928(昭和3)年のアムステルダム五輪が描かれ、日本人女性初の五輪参加選手となった人見絹枝(菅原小春)が描かれた。

 人見は、「バケモノ」と中傷された大柄な女性だったが、プレッシャーに押しつぶされ、期待された100メートル走で惨敗。そこで未経験の800メートル走への出場を決意する。

「男は負けても帰れるでしょう。でも女は帰れません。負けたらやっぱり女はダメだ。男の真似して走っても役に立たないと笑われます」と号泣しながら監督に出場を懇願し、本番では激走の末、銀メダルを獲得する。菅原小春の熱演もあいまって、SNS上では「涙腺決壊」「これぞ本当の神回」などのコメントがあふれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る