ぶっちゃあさん 運営する芸人草野球を2リーグ制にしたい

公開日: 更新日:

 還暦過ぎてから初の冠番組を持ったり、最近はバラエティーでも注目の芸歴40年を迎えるぶっちゃあさん(64)。芸人の面倒見がいい人柄も有名で、芸人の草野球リーグをつくって運営している。死ぬまでにやりたいことは芸人野球の2リーグ制と、プロ野球のセレモニーの始球式!?

  ◇  ◇  ◇

 子供の頃は野球が不得意で好きではなかったんですよ。大事な試合で三振したこともトラウマで(笑い)。それからはやらずにいたけど、今の事務所に入った80年に同じ事務所の歌手、太川陽介さんの野球チームに誘われ、相方のリッキーと入ったんです。それが大きな転機。その頃に住んでいたマンションの隣の居酒屋の店主も野球チームを持っていて、「入りなよ」と誘われ、2つのチームでやることに。下手なのになぜか野球に縁があったみたい。

 そのうちに僕も自分のチームをつくることになった。野球そのものより仲間を集めてチームをつくるのが好きで、他の事務所に移った時期にはシティボーイズのきたろうさんを監督にしたチーム、また元の事務所に戻った時はダンディ坂野たちと「GETS」というチーム、爆笑問題の田中くんや松村邦洋くんとはフェローズというチームをつくり、それぞれで試合をやってました。だから、野球経験がないのに、草野球歴はこれまで37年(笑い)。ユニホームは6つはあります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る