ぶっちゃあさん 運営する芸人草野球を2リーグ制にしたい

公開日: 更新日:

 毎年、シーズン終了後に宴会場を借りて納会をやります。優勝チームや首位打者とかを表彰する。

 ある年、芸人が108人集まった納会があり、ザキヤマが「芸人番組の打ち上げより芸人が集まってますよ」と言ったのを覚えてますね。

 僕は“名ばかりコミッショナー”で、試合スケジュールを組み、グラウンドを取って、審判の手配まで全部一人でやってきました。試合結果と芸人の個人成績もパソコンに打ち込みをやると、丸一日かかりました。最近は個人成績の方はパソコンに詳しい若手芸人にやってもらってます。

 2年前に全9チームになりました。伊集院光のチーム、40歳で独立リーグのプロ野球の選手になった360°モンキーズのそうすけがいるチーム、バイきんぐ西村がいるチームとか、だいたい事務所別にあります。1チーム計24試合。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る