二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ジャニー喜多川氏「お別れの会」注目はOBの面々と“初”もの

公開日: 更新日:

 9月4日に東京ドームで行われるジャニー喜多川氏(享年87)の「お別れの会」。午前11時からの1部にはすでに内輪の葬儀に参列している所属タレントを除く、事務所OBや業界関係者ら多くの人が出席するという。既に案内状は送付され出席者には改めて詳細の案内が送られている。

「ドームでは前日まで“関ジャニ∞”のコンサートがあり、4日は予備日として取っていたこともありドームになったそうです。ドームなら出入り口もたくさんあり、出席者への配慮もできる利点もある」(音楽関係者)

 生前、自ら「黒子」に徹し表舞台に出ることを避けてきたジャニー氏のお別れ会がドームで大々的に行われるのも不思議な気もするが、いったいどんな会になるのか? 興味は尽きない。なかでも数多くのOBを輩出している事務所。どんな顔ぶれが参列するのか関心が増している。特に元SMAPの3人。稲垣吾郎は「舞台がある」とすでに欠席を表明。他の2人も仕事を理由に欠席が予想されている。音楽関係者は、「元3人が来れば会そのものよりも注目が集まる。メディアも大きく取り上げる可能性が高い。それではジャニーさんに対して失礼になる」という。案内状を受け取ったOBのなかには、驚きとも喜びともとれる声と同時に複雑な思いも微妙に絡んでいるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る