大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

興収10億円超確実 ハリウッド“有名3人衆”が表現する1969年

公開日: 更新日:

 1969年にハリウッドで起きたシャロン・テート殺害事件をご存じだろうか。カルト集団が米女優を惨殺した事件で、先週公開された「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」は、その話を中心に据えている。興収10億円以上が見込まれるヒットとなったのは、監督がクエンティン・タランティーノ、主演がレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットだからだ。

 事件はラストのクライマックスで描かれるが、本作の魅力はまずもって69年の狂騒のハリウッドが活写されている点だ。映画関係では「卒業」や「いちご白書」など名作の主題歌が流れ、街には「ジョアンナ」や「キャンディ」など、当時話題の映画の看板が見える。何と「トラ・トラ・トラ!」の看板には旭日旗がたなびいている。

 スティーブ・マックイーンやブルース・リーも実名で登場するから驚く。この2人にテレビスター役のレオと彼のスタントマン役のブラピが絡む。その絡ませ方がまた、本作の愛らしいところだ。マックイーンの代表作も画面に映る。これ以上は本稿で明かすわけにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  9. 9

    徳井と田村の復帰成功の裏でツキにも見放された宮迫の悲哀

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る