お酒は飲めない代わりに息をのんで相撲に集中すると…

公開日: 更新日:

 鶴竜は引退、白鵬は休場で横綱のいない5月場所に行ってきた。44回も優勝してこんなに強い横綱はいないと思った白鵬でもケガや古傷に悩まされて戦えない。朝青龍も強かった。他の力士が壊されてしまうかと心配になるほどの破壊力だったが幕引きはあっけなかった。古くは北の湖、千代の富士もめちゃくちゃ強くてカッコよかった。旬というのか終わる時は寂しいがその時代を引っ張ったヒーローたちだ。

 今回厳重な感染予防対策の中、各部屋もいろいろ苦労しながらも大関以下幕内力士も優勝のチャンス大でがんばっている。中でも照ノ富士のキレが良い。立ち合いの迫力はもの凄く、頭が割れた? 肩が折れた?と思うような衝突音で、観客もマスクをしたまま思わず「うっ!」と声が漏れるほどだ。御嶽海は以前焼き肉を食べに行った時、私の分も焼いてくれてとても親切で好きになった。小さな翔猿も気さくでファンになった。大好きな釣り場の石川県七尾出身の輝はあの輪島の親戚。穴水出身の遠藤も応援している。愛嬌のある高安やいつ見ても他人とは思えない顔の千代丸も好きだ。生で見ると半端ないデカさで圧倒される。みんな今こそがんばって欲しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る