てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

人生の苦楽を穏やかに受け入れる岡野陽一のパチンコ哲学

公開日: 更新日:

「パチンコ屋っていうのは、いつも一定の気温に保たれてます」(岡野陽一/「さんまのお笑い向上委員会」6月5日放送)

 いまや“借金芸人”として有名な岡野陽一(39)。その額はテレビに出演するごとに増えていくかのようで、最近では1200万円に達しているらしい。そんな岡野が「自分の知人でも、借金が膨らんだ人が『季節を感じなくなった』って言う方がいらっしゃるんですけど、季節は感じるもんですか?」と聞かれ、しれっと答えた言葉を今週は取り上げる。体感では「夏が一番寒いので気をつけてください」と補足した。

 よく自分のルーツを「○○出身」と表現するが、岡野は自らを堂々と「パチンコ出身」と断言する。京都産業大学に進学するも1日で講義が嫌になり、代わりに入り浸ったのがパチンコ屋だった。そこからパチンコを中心にギャンブルなど浪費癖がついてしまい、学生ローンを皮切りに借金を重ねることになってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  7. 7

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  8. 8

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  9. 9

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  10. 10

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

もっと見る