てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

大学時代は理論派だった ハナコ岡部の先輩の「難しい笑い」

公開日: 更新日:

「すごい的確なアドバイスしてくれる宮下さんっていう先輩がいたんですけど、その宮下さんが、後の『ひょっこりはん』です」(岡部大/テレビ朝日「アメトーーク!」6月10日放送)

 近年、大学お笑いサークル出身の芸人の活躍が目覚ましい。「M―1グランプリ」(テレビ朝日)前回王者のマヂカルラブリー村上も、前々回王者のミルクボーイも大学お笑い出身である。その中でも、最も勢いのあるサークルのひとつが早大「お笑い工房LUDO」だ。

 1998年に設立されたこのサークルは、2017年「キングオブコント」(TBS)準優勝のにゃんこスターのアンゴラ村長や、同18年優勝のハナコの岡部、ピン芸でブームを巻き起こした、ひょっこりはんらを筆頭に多くのプロ芸人を輩出している。そのひとりである岡部大(32)が大学時代を振り返った言葉を今週は取り上げたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  7. 7

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

  10. 10

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

もっと見る