比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

公開日: 更新日:

 医療、刑事ドラマが好調な中、世帯視聴率で苦戦しているのが恋愛モノ。今期GP帯では「彼女はキレイだった」(カンテレ制作・フジテレビ系=火曜夜9時)、「プロミス・シンデレラ」(TBS系=火曜夜10時)、「推しの王子様」(フジテレビ系=木曜夜10時)が“キュンキュン”を競っているが、世帯視聴率はどれも2ケタには遠い。

「フジの火9枠と木10枠は苦戦続きで、平均6~7%台は珍しくない。ですが“○○キュン”路線でヒット作も多いTBSの火10枠も、今のところ7%台。東京五輪の影響もあるとはいえ、今期のラブコメは数字的には厳しい状況です」(テレビ誌ライター)

 そんな今期のラブコメ3作の中で、「一番気になっているのが『推しの王子様』の動向」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏がこう続ける。

「『彼女は――』は韓流ドラマのリメーク、『プロミス――』は漫画原作です。一方、比嘉愛未さん主演の『推し―――』は、当初主演予定で病気降板した“深田恭子さんありき”のオリジナル脚本。設定が女性向け恋愛シミュレーションゲームをヒットさせた女社長がリアルなイケメン男子を育成するという、もう最初からシルバー世代は無視していますから、世帯視聴率は相手にしていない姿勢が強く感じられます。その中で見てほしい世代にどう刺さるのか、代役の比嘉さんはどう受け止められているのか、反響を注視したい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった