著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

4月スタートのバラエティー番組に愕然…とはいえ、この3本絶対見逃せない!

公開日: 更新日:

 4月スタートのバラエティー番組を見て愕然としている。

 例えば、日本テレビ系「上田と女が吠える夜」とフジテレビ系「トークィーンズ」。内容も出演者もかぶりまくっていてどっちがどっちだかわからなくなる。若槻千夏にいとうあさこファーストサマーウイカ、どっちにも出ていて節操なさ過ぎ。アンミカとかフワちゃんとか、3時のヒロインとかご勘弁を。

 本題。なんといっても今面白いバラエティー番組を。「ヒューマングルメンタリー オモウマい店」(日本テレビ系)。スタートから1年。当初はADが取材し、驚くほど大盛りだったり、激安だったりサービス過剰な店などオモシロくてウマい店を紹介するグルメ番組として楽しんでいた。

 だいたい1週間取材するのだが、取材を通して店主とADの間の距離が縮まり、絆ができ……それぞれに物語が生まれてドキュメンタリーや連続ドラマを見ているような気分になる。

 例えば埼玉県のあるそば名人の店ではADが意外なそばづくりの才能を見せ、そのまま弟子になる、まさかの展開に。倉本聰でもこんなストーリーは書けないだろうの展開を見せるのだ。

「タクシー運転手さん」はドキュメンタリー風

 テレビ東京系で「タクシー運転手さん一番うまい店に連れてって!」という番組が始まった。ADが駅に止まっているタクシー運転手さんをつかまえて「うまい店に連れてって」と聞き、そのまま目的の店に直行。運転手さんと一緒に食べるというものだ。

 目的地までの間、タクシーの中で運転手さんのこれまでの人生を聞くなどこちらもちょっとドキュメンタリー風。運転手さんに目をつけたのはさすがテレ東。グルメ番組では扱わないような地元のうまいものを紹介してくれる。MCはノブコブの吉村だが、ヒロミにボコボコにされやしないか心配になるけど。

阿佐ヶ谷姉妹と本田翼の「やぶからディッシュ」もいい

 もう一つ。テレビ朝日系「やぶからディッシュ~いま一番食べたい一皿食べに行きませんか?」。

 MCは阿佐ヶ谷姉妹本田翼。こちらもタイトルからわかるようにゲストの一番食べたいものを今から食べに行く。

 宮古島のまごどうふを食べたいと言った松本まりかの希望をかなえるだけでなく、その前日には高そうな店で宮古牛まで爆食いさせていたのはさすがテレ朝。「オモウマい」を制作する中京テレビやテレ東ならそうはいかないだろう。

 他にも満島真之介が福生にステーキを食べに行き、麒麟川島はコロナで2年間行けなかったそば屋にかつ煮を食べに行っていた。食べたい時がウマい時。こちらは特番だったが、いずれレギュラーにして欲しい。

 一口にグルメ番組といってもそれぞれ違いがあるのがうれしい。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変