東尾理子さん「理汰郎くん、そろばん1級合格」を語る 驚きの成果と半年待ち人気塾の教え

公開日: 更新日:

 石田純一氏(69)と東尾理子さん(47)の長男、理汰郎くん(10)が「そろばん1級」と「フラッシュ暗算4段」に合格したことで注目を集めている。東尾が10日までにインスタグラム上で報告したところ、フォロワーから「すごい! 1級に合格するのは、並大抵ではない」「理汰郎君! おめでとうございます」と祝福コメントが寄せられた。

 理汰郎くんは9歳だった昨年8月に東京珠算選手権大会で3等になり、同12月には2級に合格。小学4年生(現学年)のうちに1級合格を目指していたといい、見事に目標達成した。

 プロゴルファーの母と、西武ライオンズなどで200勝以上挙げた名投手である祖父・東尾修氏の血を受け継いだ理汰郎くんが、3歳のころからゴルフと野球を習っていることは知られていたが、そろばんまで習っていたとは……。しかも小4で合格するのは、かなりの腕前だ。

「そろばんを始めた時期や数字の好き嫌いにもよりますが、コツコツ練習を続けて、小学校卒業までに2級に合格できれば『よく頑張ったね』と誉めてあげたいレベルです。なので、理汰郎くんが4年生で1級に合格したのはとても立派。それと、暗算がしっかりできないとそろばん塾に通っている意味があまりないのですが、フラッシュ暗算4段に合格しているのもすごいですね」(都内のそろばん教室経営者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

  2. 2
    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

  3. 3
    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

  4. 4
    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

  5. 5
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  1. 6
    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

  2. 7
    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産まれてきた

    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産まれてきた

  3. 8
    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

  4. 9
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  5. 10
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗