• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

暴力金融に食い物にされ死期を早めた水原弘

<1978年7月>

 昨年末、日本レコード大賞を受賞したのは下馬評通りAKB48。2連覇を果たした。国内でもっとも伝統のあるこの音楽賞の初代受賞者は水原弘。デビュー曲「黒い花びら」で見事、栄冠を勝ち取った。1959年、水原が24歳の時である。

 一気にトップスターに上り詰めた水原だが、それから19年後、42歳という若さで亡くなる。78年7月5日午前7時29分。死因は肝硬変による食道静脈瘤(りゅう)破裂だった。

 異変が起こったのは6月23日。山口県下関市のグランドキャバレーのステージを終え、タクシーで北九州市に向かい、夜11時45分、市内のホテルにチェックインした。東京にいた夫人が水原に電話をかけると、話の途中で切れたのでフロントに連絡。係が部屋に駆けつけると、水原はブリーフ一枚の格好で出てきた。口の回りに血がついていたが、本人が「大丈夫」と言うので、ひとまず引き揚げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る