暴力金融に食い物にされ死期を早めた水原弘

公開日: 更新日:

<1978年7月>

 昨年末、日本レコード大賞を受賞したのは下馬評通りAKB48。2連覇を果たした。国内でもっとも伝統のあるこの音楽賞の初代受賞者は水原弘。デビュー曲「黒い花びら」で見事、栄冠を勝ち取った。1959年、水原が24歳の時である。

 一気にトップスターに上り詰めた水原だが、それから19年後、42歳という若さで亡くなる。78年7月5日午前7時29分。死因は肝硬変による食道静脈瘤(りゅう)破裂だった。

 異変が起こったのは6月23日。山口県下関市のグランドキャバレーのステージを終え、タクシーで北九州市に向かい、夜11時45分、市内のホテルにチェックインした。東京にいた夫人が水原に電話をかけると、話の途中で切れたのでフロントに連絡。係が部屋に駆けつけると、水原はブリーフ一枚の格好で出てきた。口の回りに血がついていたが、本人が「大丈夫」と言うので、ひとまず引き揚げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る