認知症の親が暴力…施設から退所を促されたらどうすればいい?

公開日: 更新日:

 認知症の患者さんが大声を出したり、暴力や徘徊(はいかい)といった症状の悪化で、預け先の施設から退所を促されるケースがあります。

 もし、預け先の施設から連絡を受けたら、まずは患者さんが親しくしていた担当者の勤務シフトが変更になるなど、本人の生活環境に変化がなかったかどうかを確認しましょう。

 高齢者施設では、身近なお世話をしてくれる方が担当替えになると過敏に反応する患者さんが少なくありません。認知症の進行ではなく、状況に戸惑って一時的に言動が荒くなり、症状の悪化と勘違いされるケースがあるのです。その場合、施設と滞在継続を話し合う余地があります。

 しかし、そういった特殊事情がなく、認知症の周辺症状が悪化したことによる行動変化だとすれば、患者さんの状況に合った施設を検討するタイミングとなります。

 ご家族は次の順番で相談しましょう。

(1)地域包括支援センターという介護や医療のワンストップ窓口で今後の流れを相談する(2)かかりつけ医に連絡して状況を伝え、アドバイスをもらう(3)①で紹介してもらった施設(病院)に常駐する医療ソーシャルワーカーやケアマネジャーから、入居できそうな施設の情報を入手する。以前、在住していた施設で患者さんがリハビリ食事など、どのようなメニューを受けていたかを伝え、生活に合った施設を探してもらう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変