日本人の6割が保有…しつこい口唇ヘルペスは新たな「PIT療法」で撃退できる

公開日: 更新日:

 唇の周りに水ぶくれができる「口唇ヘルペス」にかかった経験がある人は少なくないだろう。主な原因となる単純ヘルペスウイルス1型を保有する日本人の割合は約60%といわれている。必ず発症するわけではないが、一度ウイルスが体内に入ると、一生付き合っていかなければいけないうえ、痛みは少ないものの何度でも再発する可能性があるため、非常に厄介だ。

 そんな口唇ヘルペスの新しい治療法が登場した。皮膚科専門医で「身原皮ふ科・形成外科クリニック」(広島市)の身原京美院長に詳しく聞いた。

「近年、口唇ヘルペスの患者さんが増えている実感があります。生活の質が下がる疾患で、なおかつ完治が望めません。いきなり発症して、通常は1週間程度、症状が重い場合は2~3週間は不愉快な思いをするので、困っている人が多いという印象です。その口唇ヘルペスに対する新しい治療法が保険適用になっており、昨年からは1回の内服で済む薬剤も適用になっています」

 従来の一般的な治療は、ヘルペスの症状が出たら病院で診察してもらい、処方される抗ウイルス薬を服用するか、市販されている塗り薬を使用するというものだった。新しい治療法は「PIT(Patient Initiated Therapy)」といい、あらかじめ処方された薬を患者自身の判断で服用できるというものだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる