認知症の人が打っておきたい「ワクチン」の種類は?

公開日: 更新日:

 認知症が進行するにつれ在宅介護が難しくなると、施設への入居を検討する家族も多いのではないでしょうか。高齢者施設で問題となりやすいのが、感染症のまん延です。

 認知症の方が多く入居される施設では、認知機能の低下からマスクの着用や手洗いの徹底が難しい上に、食事や入浴、排せつなど介護者と利用者の距離が近くなる機会が多く、感染症が持ち込まれればアッという間に広がります。実際、コロナ禍においては高齢者施設でのクラスターが相次ぎ、本来の介護サービスを維持できなくなる「介護崩壊」に陥った施設も少なくありません。こうした事態に備え、本人または家族の同意のもと、利用者へのワクチンの接種を積極的に行っている施設が増えています。

 高齢になると体力や免疫力が低下していきます。万が一、施設内でインフルエンザやコロナに感染しても重症化しないよう、施設で集団接種の機会があれば、本人に説明した上でワクチンを打ってもらうのがいいと考えます。

 さらに注意したいのが「肺炎」です。厚労省の人口動態統計では、2022年度の死因の第5位は肺炎と報告されています。インフルエンザウイルスに感染すると、気道の表面にある繊毛細胞が破壊され、肺炎球菌などの細菌が肺に侵入しやすくなります。肺炎球菌ワクチン(23価ワクチン)を接種しておくと、肺炎の重症化の割合が70%低下するとの報告もあります。65歳になったら、助成金を利用しながら肺炎球菌ワクチンを打つようにしましょう。抗体は5年間持続されるので、その都度接種するといいでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方