著者のコラム一覧
西内義雄医療・保健ジャーナリスト

医療・保健ジャーナリスト。強みは各地に顔見知りの保健師がいること。両親&義両親の介護・看取りを経験。

家の中をチェック…冷蔵庫に賞味期限切れの食品がたまっていないか

公開日: 更新日:

 離れて暮らす親の健康問題をチェックすることは難しい。年を重ねるごとに「元気かい?」「あぁ、元気だよ」なんてやりとりだけで安心できないことは、多くの介護経験者がうなずくはず。では、何をもとに判断するべきか。

 私の母の場合、80歳を過ぎた頃からそれまで日常的に使っていた携帯電話の扱いが怪しくなっていた。たとえば、こちらから電話をしてもなかなか出ない→いつもどこかに放置していた。いつかけても電波が届かないか電源が入っていない→充電していない。変な時間に突然電話がかかってくる→使い方がわからなくなりいじっているうちに通話になるなど。

 一度歯車が狂いだすと、いくら教え直しても覚えることはなく、同じ間違いを何度も繰り返した。こちらから電話を何度かけてもつながらず、仕方なく車で1時間かけて実家に様子を見に行くことが増え、便利な機械も心配の種になってしまった。

 もっと昔から使っていた電子レンジでも同じことがあった。温めたいものを皿に盛り、自動ボタンを押すだけの簡単操作ができないのだ。目立つよう使い方を紙に書いて貼っても、うまくできない。そのうち、温めるのが面倒になったのか、冷凍食品をそのまま自然解凍して食べていた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」