偽装メニューの手口 札幌の老舗ホテルを見ればすべて分かる

公開日: 更新日:

 日本のホテルご三家のひとつ、ホテルオークラでも計235品目の“メニュー偽装”が発覚。他にもJALホテルズ、高島屋、三越伊勢丹と、もう一流どころも信用できないが、偽装のパターンだけは、だんだん見えてきた。

 まずはエビ。ほとんどバナメイエビかブラックタイガーを食べていると思った方がいい。
 次に、牛脂注入などの加工肉。安いのに霜降りは疑ってかかるべし。
 さらに、フレッシュジュースは解凍したものかもしれない。

 あとは産地やブランド偽装。北海道の山菜が中国産だったり、沖縄産アグー豚が無名の豚だったりする。
 そして、これらすべての「不適切な表示」を全部やってのけたのが、老舗の札幌グランドホテルなどを運営する「グランビスタホテル&リゾート」(東京都中央区)だ。

 メニューの偽装は少なくとも06年ごろからあったようで、同社の須田貞則社長は6日の会見で、「極めて不誠実と取られても仕方ない」と陳謝したが、そりゃそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る