偽装メニューの手口 札幌の老舗ホテルを見ればすべて分かる

公開日:  更新日:

 日本のホテルご三家のひとつ、ホテルオークラでも計235品目の“メニュー偽装”が発覚。他にもJALホテルズ、高島屋、三越伊勢丹と、もう一流どころも信用できないが、偽装のパターンだけは、だんだん見えてきた。

 まずはエビ。ほとんどバナメイエビかブラックタイガーを食べていると思った方がいい。
 次に、牛脂注入などの加工肉。安いのに霜降りは疑ってかかるべし。
 さらに、フレッシュジュースは解凍したものかもしれない。

 あとは産地やブランド偽装。北海道の山菜が中国産だったり、沖縄産アグー豚が無名の豚だったりする。
 そして、これらすべての「不適切な表示」を全部やってのけたのが、老舗の札幌グランドホテルなどを運営する「グランビスタホテル&リゾート」(東京都中央区)だ。

 メニューの偽装は少なくとも06年ごろからあったようで、同社の須田貞則社長は6日の会見で、「極めて不誠実と取られても仕方ない」と陳謝したが、そりゃそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る