「団地の孤独死」を防げ 注目集める“おせっかい”とは?

公開日:  更新日:

「男性の場合は、高齢者同士の交流サロンに呼ぼうとしても、〈何のためにお茶を飲みに行くんだ?〉と目的がないと集まってくれません。ご自宅に伺っても〈オレは大丈夫〉で終わってしまうのです」

 民間の非営利福祉団体「東京都社会福祉協議会」の松田京子さん(地域福祉部部長)はこう言って苦笑いする。
 男は、女性のように暇つぶしの“茶のみ話”が出来ない。だからやがて“孤立死”するのだ。

 板橋区で民生委員を務める廣瀬カズ子さんも、「テレビと話している。というか、テレビとしか話せない人が増えています」という。
 今月25日、団地の孤立死に関するシンポジウムが都内で開催され、改めてわかったのは男の社交性の乏しさだ。

 同シンポジウムでは、練馬区光が丘、板橋区高島平、墨田区白髭東の団地のアンケート結果も発表。回答者の多くは、高度経済成長期に金の卵と呼ばれて都会に出てきた人たちである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る