CHEMISTRY 川畑要がとことんハマった 地元亀有のもんじゃ焼き店「嵯峨野」

公開日: 更新日:

 ボーカルユニット、CHEMISTRYの川畑要(34)は葛飾区亀有の出身。昨年からソロ活動も展開し、抜群の歌唱力でファンを魅了しているが、中学生の頃から通い続けている馴染みの店がこの下町の商店街にある。
「嵯峨野」はJR亀有駅南口を出て正面、「ゆうろーど商店街」の中ほどに店を構えるもんじゃとお好み焼きの店。この地で30年近く親しまれ、テレビのグルメ番組でも度々紹介されてきた地元では知らない人はいない人気店だ。

 うまさの決め手はほんのり効いたカツオだし、そして選び抜いたウスターソースにある。
「ウチのソース、まるで醤油みたいにサラッとしているんですが、もんじゃには本当によく合うんですよ!」とは店のスタッフ。メニューも多くトッピングだけでも30種類以上という充実ぶり。長年の常連たちは自分好みのアレンジで、オリジナルのもんじゃを楽しんでいくという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

  10. 10

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

もっと見る