CHEMISTRY 川畑要がとことんハマった 地元亀有のもんじゃ焼き店「嵯峨野」

公開日: 更新日:

 ボーカルユニット、CHEMISTRYの川畑要(34)は葛飾区亀有の出身。昨年からソロ活動も展開し、抜群の歌唱力でファンを魅了しているが、中学生の頃から通い続けている馴染みの店がこの下町の商店街にある。
「嵯峨野」はJR亀有駅南口を出て正面、「ゆうろーど商店街」の中ほどに店を構えるもんじゃとお好み焼きの店。この地で30年近く親しまれ、テレビのグルメ番組でも度々紹介されてきた地元では知らない人はいない人気店だ。

 うまさの決め手はほんのり効いたカツオだし、そして選び抜いたウスターソースにある。
「ウチのソース、まるで醤油みたいにサラッとしているんですが、もんじゃには本当によく合うんですよ!」とは店のスタッフ。メニューも多くトッピングだけでも30種類以上という充実ぶり。長年の常連たちは自分好みのアレンジで、オリジナルのもんじゃを楽しんでいくという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  8. 8

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る