男性陣も注目 「秘書検定」は処世術やヨイショの仕方が満載

公開日: 更新日:

 猪瀬直樹知事も、優秀な“秘書”さえいれば、少しは受ける風圧も変わっていたかもしれない。その秘書を養成する「秘書技能検定」(秘書検定)の次回試験の受け付けが、1月14日まで行われている(試験日は2月9日)。その内容というのが、サラリーマンにも役立つ。

 秘書検定といえば、OLが正しい敬語や挨拶を学ぶイメージが強いが、その試験問題の中身は、意外と上司を気持ちよくさせる処世術だったりする。国士舘大講師の安重千代子氏(ビジネス能力開発研究所代表)がこう言う。

「秘書検定というと、一般にはOLの資格というイメージがありますが、実際の試験問題を見てみると、処世術やヨイショの仕方を問う出題が多く含まれているので、男性にも大いに役立ちます」

 では、どんな問題が出題されているのか。

■3級

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る