「超立体マスク」は医療向けからの大転換でバカ売れ

公開日:  更新日:

 ユニ・チャームの「超立体マスク」は、2003年の発売以来、ずっと好調が続く。13年9~11月は、ユニ・チャームマスク全体で、前年比約130%の売り上げを記録した。

 超立体マスクの登場は、マスクの概念を大きく変えた。従来のマスクは平面で、繰り返し使うガーゼ素材が主流。対して、同マスクは立体構造で、素材は高密度の不織布だ。もともとは医療向けの業務用マスクとして95年に誕生。密閉性、快適性を実現する立体構造のマスクは医療従事者から絶大な支持を獲得。その評価が市販向けの開発につながった。

 当初は、特徴的な形状が果たして一般に受け入れられるのかという懸念もあったが、当時の担当者が、電車内で同マスクをしている若い女性を見かけたことで「イケる」と読んだ。時はちょうど花粉の時期。

「花粉症に苦しむ人が年々増えている。ターゲットを花粉に絞れば、受け入れられるのではないかと考えた」(アシスタントブランドマネジャーの永吉祥子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る