「超立体マスク」は医療向けからの大転換でバカ売れ

公開日:  更新日:

 ユニ・チャームの「超立体マスク」は、2003年の発売以来、ずっと好調が続く。13年9~11月は、ユニ・チャームマスク全体で、前年比約130%の売り上げを記録した。

 超立体マスクの登場は、マスクの概念を大きく変えた。従来のマスクは平面で、繰り返し使うガーゼ素材が主流。対して、同マスクは立体構造で、素材は高密度の不織布だ。もともとは医療向けの業務用マスクとして95年に誕生。密閉性、快適性を実現する立体構造のマスクは医療従事者から絶大な支持を獲得。その評価が市販向けの開発につながった。

 当初は、特徴的な形状が果たして一般に受け入れられるのかという懸念もあったが、当時の担当者が、電車内で同マスクをしている若い女性を見かけたことで「イケる」と読んだ。時はちょうど花粉の時期。

「花粉症に苦しむ人が年々増えている。ターゲットを花粉に絞れば、受け入れられるのではないかと考えた」(アシスタントブランドマネジャーの永吉祥子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る