知ってました? 少量の女性ホルモンが「キレる」原因になる

公開日: 更新日:

 女性ホルモンは動物の攻撃性を高める――。こんな研究結果が発表された。早稲田大学先端生命医科学センター教授の筒井和義氏のグループがオスのウズラを使って調べたのだ。

 筒井氏は2匹のオスをかごに入れ、一方の脳に女性ホルモンを注入。10億分の1グラムと極めて少量だが、注入を受けたオスは攻撃回数が2倍以上になったという。

 筒井氏があらためて解説する。
「動物の脳には本能をコントロールする視床下部という器官があります。ここに濃度の低い女性ホルモンを投与したら、片方のウズラに頻繁にケンカをしかけるようになったのです」

 気になるのは人間も同じなのか、ということだ。女性はちょっとした言い合いでカッとなることがある。女性ホルモンを注入しているのか、ナヨナヨした男性が何かの拍子に逆上することも珍しくない。タレントの楽しんご(34)は先日、マネジャーを殴って書類送検された。かつてカウンターテナーで有名な男性歌手が出張ゲイボーイを暴行した騒動もあった。筒井氏は「濃度の低い女性ホルモンがヒステリー、逆上のような行動を起こさせる可能性もあります」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  4. 4

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  5. 5

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  6. 6

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  7. 7

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  10. 10

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

もっと見る