知ってました? 少量の女性ホルモンが「キレる」原因になる

公開日:  更新日:

 女性ホルモンは動物の攻撃性を高める――。こんな研究結果が発表された。早稲田大学先端生命医科学センター教授の筒井和義氏のグループがオスのウズラを使って調べたのだ。

 筒井氏は2匹のオスをかごに入れ、一方の脳に女性ホルモンを注入。10億分の1グラムと極めて少量だが、注入を受けたオスは攻撃回数が2倍以上になったという。

 筒井氏があらためて解説する。
「動物の脳には本能をコントロールする視床下部という器官があります。ここに濃度の低い女性ホルモンを投与したら、片方のウズラに頻繁にケンカをしかけるようになったのです」

 気になるのは人間も同じなのか、ということだ。女性はちょっとした言い合いでカッとなることがある。女性ホルモンを注入しているのか、ナヨナヨした男性が何かの拍子に逆上することも珍しくない。タレントの楽しんご(34)は先日、マネジャーを殴って書類送検された。かつてカウンターテナーで有名な男性歌手が出張ゲイボーイを暴行した騒動もあった。筒井氏は「濃度の低い女性ホルモンがヒステリー、逆上のような行動を起こさせる可能性もあります」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る