• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最大260部屋、大浴場も 大型シェアハウスの住み心地

 ひとつの住居を複数人で共有するシェアハウスが進化中だ。多くの物件が、敷金、礼金、仲介手数料がないため経済面の負担が軽く、当初は若者に注目された。主力は20~30ルーム。最近はバスルームやキッチンなど共有部分の設備が充実し、規模の大型化が進む。昨春には、日本最大260ルームの超大型物件が登場して――。

 昨年3月から入居が始まった「コンフォート蒲田」は、8階建て、全260室もある大型シェアハウス。単純計算でワンフロアに30室あまり、まるで巨大なビジネスホテルのよう。京急線・雑色駅から徒歩7分と足の便も悪くない。物件を手がけた「(株)オークハウス」の広報担当・寺内彩乃氏が言う。

「間もなくオープンから1年ですが、規模では日本最大。入居状況は順調で現在も満室です。入居者数は男女ほぼ半々。年齢は20、30代中心ですが、50代の単身赴任者もいますよ。個室は広さが6畳弱でエアコン、ベッド、冷蔵庫、机、収納、姿見付き。大浴場は1階にあり、トイレは各フロアに。キッチンは1階ラウンジの共有スペースのほか、各階にミニキッチンが付いています。それでいて、家賃は月に6万円ちょっと。これが最大の魅力でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る