最大260部屋、大浴場も 大型シェアハウスの住み心地

公開日: 更新日:

 ひとつの住居を複数人で共有するシェアハウスが進化中だ。多くの物件が、敷金、礼金、仲介手数料がないため経済面の負担が軽く、当初は若者に注目された。主力は20~30ルーム。最近はバスルームやキッチンなど共有部分の設備が充実し、規模の大型化が進む。昨春には、日本最大260ルームの超大型物件が登場して――。

 昨年3月から入居が始まった「コンフォート蒲田」は、8階建て、全260室もある大型シェアハウス。単純計算でワンフロアに30室あまり、まるで巨大なビジネスホテルのよう。京急線・雑色駅から徒歩7分と足の便も悪くない。物件を手がけた「(株)オークハウス」の広報担当・寺内彩乃氏が言う。

「間もなくオープンから1年ですが、規模では日本最大。入居状況は順調で現在も満室です。入居者数は男女ほぼ半々。年齢は20、30代中心ですが、50代の単身赴任者もいますよ。個室は広さが6畳弱でエアコン、ベッド、冷蔵庫、机、収納、姿見付き。大浴場は1階にあり、トイレは各フロアに。キッチンは1階ラウンジの共有スペースのほか、各階にミニキッチンが付いています。それでいて、家賃は月に6万円ちょっと。これが最大の魅力でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る