今年の新入社員は「STAP型」 上司はどう向き合うべき?

公開日:  更新日:

 もうすぐ新卒社員が入社してくる。今年の新人を表現する言葉として広まっているのが「STAP社員」だ。

 理研の小保方晴子さんが本当に発見したかどうかで揺れているSTAP細胞がその由来。STAP細胞が動物の体細胞を弱酸性液に浸すだけで細胞が分化の記憶を消して「初期化」するように、新入社員もわずかなストレスで社会人としての自覚を失ってしまうそうだ。

「ビジネススキル研究所」代表の鶴田慎一氏が言う。
「新卒者は年々、軟弱になっています。ミスをしたときに、先輩や上司が“こうしたほうがいいよ”とアドバイスしただけなのに、“叱られた”“自分は役立たずだ”とプライドを傷つけられ、意気消沈。コミュニケーション能力が乏しいため誰にも相談できず、ある日突然、辞表を出すのです。最近は景気回復で製造業を中心に残業時間が増えています。普通は“自分が休んだら周囲に迷惑をかける”と頑張って働きますが、STAP社員はわが身が優先。“体を休めて気持ちを整理します”といった理由で平気で休みます。年下のOLに注意されただけで、会社に来なくなることもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る