ギュワンッ、ワンッ、ワンッ<中野坂上>

公開日:  更新日:

 あれって何だろう。中野坂上を歩いている時に気になった「日本犬 天然記念物」と書かれた看板。ペットショップというよりも、歴史ある米屋のような建物。

 調べてみると、その店「柳沢鳥獣店」は、“日本犬界”では名の知られた店らしい。
「店としてやっているところは、関東ではウチだけでしょうね」

 最初、取材に乗り気でなかった店主・柳沢さんは、たばこをフウッと吹かしながら、1時間半にわたって日本犬について語ってくれたものだ。

 いわく、普通の景色の中にいるのが日本犬であるということ。それは、普段は子供たちと戯れ、道端で遊び、猟になると獲物を追い詰める猟師の良きパートナーになる存在であるということ。日本の原風景として、日本犬を後世に残していきたいということ。「このコは我が家の一員」と言う飼い主がいるが、シャンプーで洗い、リンスまでするのは、嗅覚に長けた犬にとって虐待以外のなにものでもないということ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る