終電の心配なし 駅ナカで安く飲む「スパークリングワイン」

公開日:  更新日:

 帰宅途中に乗り換えなどで駅構内を歩いていると、場違いな飲食店に出くわすことがある。最近増えている駅ナカのレストランだ。おしゃれな店が多く、しかもスパークリングワインなど女性客を意識した品揃え。雨に濡れたり、終電に乗り遅れる心配もないと、利用客が急増している。時間ぎりぎりまで一緒にいたいカップルにも人気だ。

 東京メトロ永田町駅の有楽町線と半蔵門線、南北線のホームを結ぶ途中には、フードコート「Echika fit(エチカフィット)永田町」がある。カレー屋やおにぎり屋、そば屋、オムライスやナポリタンなどの洋食をそろえた鉄板焼き屋、そしてカフェバーなどが年中無休、朝から晩まで営業中である。

 街中の飲食店より安いスパークリングワインが飲めるのは、カフェバー「T―Crossing」だ。メニューを見ると、なんとスパークリングのボトルが2000円と安い。銀座で飲んだら、福沢諭吉が2枚は飛んでいきそうなブーブクリコだって9000円。ひょっとしてハーフボトルか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る