• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

多芸な片岡鶴太郎が長年ひいきにしている東京下町の中国料理店「又一順」

 芸人、俳優、プロボクサー、画家と多彩な顔を持つ片岡鶴太郎(59)。そのマルチな才能を培った出身地の東京都荒川区に、長年ひいきにしている店がある。

「又一順(ユーイーシュン)」は日暮里駅東口の駅前ロータリーそばにある中国料理店。昭和55年にこの地に店を構えて以来、世代を超えて親しまれてきた。下町らしい庶民的な価格やボリュームもさることながら、最大の魅力は、創業時から変わることのない“本場の味”。初代料理長が香港出身で、当時から受け継がれてきた本格広東料理が長きにわたってファンを魅了している。

 メニューのバリエーションは多彩だが、中でも人気なのが手作りの点心。常連が決まってオーダーするのが片岡も大好物という「貝柱入りシューマイ」(4個、520円)だ。
 アツアツを口に入れるとギッシリ詰まった豚ひき肉は、何とも心地よい歯ごたえ。蒸すことで余分な脂が落ち、とてもヘルシーな料理なのだが、それでいて素材のウマ味がギュッと凝縮されている。噛むほどに豚肉と貝柱のウマ味がじんわりと広がり、至福の極みへ。ボリュームがあるにもかかわらず、女性もペロリと平らげていく、ヤミツキの味だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る