下町育ちのアスリート武井壮がもんじゃ焼きを目当てに通い続けるやぐら

公開日: 更新日:

 タンクトップがトレードマークのアスリートタレント、武井壮(40)。陸上競技のひとつ、十種競技の元日本チャンピオンで、その高い身体能力は今なお健在。“百獣の王”を目指して繰り広げる独特のパフォーマンスが受け、バラエティーで引っ張りだこだ。

 そんな武井が生まれ育ったのは東京都葛飾区。地元で長年、通い続けているのがもんじゃとお好み焼きの店「やぐら」だ。場所は亀有駅北口を出てすぐの高架下。この地に伝わる昔ながらのもんじゃ焼きにこだわり、地元客に親しまれてきた。

 もんじゃ焼きというとドーナツ状の土手を作り、中に汁を流し込むという焼き方が一般的だが、「ウチでは土手をつくる必要はありません」と店主。具材が細かく刻まれているので、汁が具材によく絡み、広がってしまうことがないため土手がなくても焼けるのだという。

「そもそももんじゃ焼きは駄菓子屋の食べ物。そこはいわば、子供たちの社交場でした。鉄板で焼くときに文字を書いて遊びながら食べた“文字焼き”がもんじゃ焼きの起源といわれています。ウチではそういう昔ながらのもんじゃ焼きをぜひ楽しんでいただきたいと思っているんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る