下町育ちのアスリート武井壮がもんじゃ焼きを目当てに通い続けるやぐら

公開日: 更新日:

 タンクトップがトレードマークのアスリートタレント、武井壮(40)。陸上競技のひとつ、十種競技の元日本チャンピオンで、その高い身体能力は今なお健在。“百獣の王”を目指して繰り広げる独特のパフォーマンスが受け、バラエティーで引っ張りだこだ。

 そんな武井が生まれ育ったのは東京都葛飾区。地元で長年、通い続けているのがもんじゃとお好み焼きの店「やぐら」だ。場所は亀有駅北口を出てすぐの高架下。この地に伝わる昔ながらのもんじゃ焼きにこだわり、地元客に親しまれてきた。

 もんじゃ焼きというとドーナツ状の土手を作り、中に汁を流し込むという焼き方が一般的だが、「ウチでは土手をつくる必要はありません」と店主。具材が細かく刻まれているので、汁が具材によく絡み、広がってしまうことがないため土手がなくても焼けるのだという。

「そもそももんじゃ焼きは駄菓子屋の食べ物。そこはいわば、子供たちの社交場でした。鉄板で焼くときに文字を書いて遊びながら食べた“文字焼き”がもんじゃ焼きの起源といわれています。ウチではそういう昔ながらのもんじゃ焼きをぜひ楽しんでいただきたいと思っているんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る