• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

銀行で寝かせるのはもったいない プロが厳選する投信3本

 アベノミクスは「貯蓄から投資へ」を促した。政権の思惑に乗っかることはないが、銀行の普通預金の金利は0.02%から0.05%ほど。100万円を貯金しても、利息は200~500円だ。そこから税金(現在20.315%)が引かれるので、手元には159~398円しか残らない。この金額では消費増税分の穴埋めには程遠い。

 だったら、投資で増税分を取り戻すのも手だ。投資初心者でも買いやすい投資信託(投信)が最適だろう。

 投資信託協会によると投信とは、「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品」のこと。ファンドとも呼ばれる。

■5000本超が売買

 銀行や証券会社の窓口、ネット証券などで扱っているが、現在、投信の数は5000本を超えている。その中から、儲かりそうな投信を見つけるのは、砂漠の中から砂金を探すようなもの。そこで投信のプロである楽天証券経済研究所の篠田尚子ファンドアナリストに話を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る