銀行で寝かせるのはもったいない プロが厳選する投信3本

公開日: 更新日:

 アベノミクスは「貯蓄から投資へ」を促した。政権の思惑に乗っかることはないが、銀行の普通預金の金利は0.02%から0.05%ほど。100万円を貯金しても、利息は200~500円だ。そこから税金(現在20.315%)が引かれるので、手元には159~398円しか残らない。この金額では消費増税分の穴埋めには程遠い。

 だったら、投資で増税分を取り戻すのも手だ。投資初心者でも買いやすい投資信託(投信)が最適だろう。

 投資信託協会によると投信とは、「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品」のこと。ファンドとも呼ばれる。

■5000本超が売買

 銀行や証券会社の窓口、ネット証券などで扱っているが、現在、投信の数は5000本を超えている。その中から、儲かりそうな投信を見つけるのは、砂漠の中から砂金を探すようなもの。そこで投信のプロである楽天証券経済研究所の篠田尚子ファンドアナリストに話を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る