激戦フレーバーウォーター 「桃の天然水」なぜ息が長いのか

公開日: 更新日:

 以来、日本におけるフレーバーウオーターのパイオニアとして市場を牽引。07年ごろまで、リンゴやライチなど桃以外のフレーバーも発売するなど攻めの時代が続いた。だが、やがて他カテゴリーも含めた競争が激化。そこで原点回帰へ。

「発売以来のコンセプト、『桃と天然水で仕上げたみずみずしいおいしさ』をパッケージに落とし込んだリニューアルなど、基本に立ち返った戦略に舵(かじ)を切った」(丸山氏)

 狙いは当たった。競合品の登場で市場全体の注目度が増したこともプラスに働いて、近年は前年比アップの売り上げが続く。甘さ控えめの「ライト」など、バリエーション展開も進めるほか、昨年からは新しい楽しみ方も訴求。そのひとつが「凍らせてもおいしい」という提案だ。半分程度溶けたところで強く振ると、シャーベット状になって「シャリシャリ食感」を楽しめる。冷凍可能なペットボトル採用により実現した差別化だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る