一時は販売中止も…ファミマ「俺の~」シリーズ進化の歴史

公開日:  更新日:

 男性向けコンビニスイーツのパイオニア、ファミリーマートの「“俺の”シリーズ」が好調だ。昨年の再登場を機に、総菜などにもジャンルを拡大。「ボリューム、控えめな甘さ、こだわりの素材」をテーマにした商品開発で快進撃を続けている。男性をターゲットにしたスイーツは2007年発売の「男のスイーツ」が原点。

「当時は『スイーツ男子』なる言葉も出始めたころ。もともとコンビニは男性の利用が多い。となれば、スイーツでも支持を獲得したいと考えた」(広報グループの高岡夏氏)

 メーン客層である男性を狙った戦略は当たった。そして10年、その進化版として「俺のスイーツ」が登場する。第1弾は「ティラミス」と「ロールケーキ」。苦味と甘味がマッチした味わいとともに、大容量で、見た目にも男性向けに仕上げた商品は大反響。瞬く間にヒットシリーズとなった。だが12年、販売休止に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る