一時は販売中止も…ファミマ「俺の~」シリーズ進化の歴史

公開日:  更新日:

 男性向けコンビニスイーツのパイオニア、ファミリーマートの「“俺の”シリーズ」が好調だ。昨年の再登場を機に、総菜などにもジャンルを拡大。「ボリューム、控えめな甘さ、こだわりの素材」をテーマにした商品開発で快進撃を続けている。男性をターゲットにしたスイーツは2007年発売の「男のスイーツ」が原点。

「当時は『スイーツ男子』なる言葉も出始めたころ。もともとコンビニは男性の利用が多い。となれば、スイーツでも支持を獲得したいと考えた」(広報グループの高岡夏氏)

 メーン客層である男性を狙った戦略は当たった。そして10年、その進化版として「俺のスイーツ」が登場する。第1弾は「ティラミス」と「ロールケーキ」。苦味と甘味がマッチした味わいとともに、大容量で、見た目にも男性向けに仕上げた商品は大反響。瞬く間にヒットシリーズとなった。だが12年、販売休止に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る