さかなクンが長年、通い続ける魚料理が評判の店「元」(GEN)

公開日: 更新日:

 例えば魚の煮付けは、魚本来の味わいを逃すことのないよう、オーダーを受けてから手早く煮付けるのが、この店流だ。「メヌケの煮付け」(800円、税別)はふんわりとした身の食感が何とも格別! ほんのりと甘い煮汁が魚のうまさをいっそう引き立ててくれる。

 常連のほとんどがオーダーするという名物の「さつまあげ」(600円、税別)も魚をすり身にするところからすべて手作り。できたてのアツアツを口に入れるとフワッと心地よい弾力は感動モノ!ニンジンとキヌサヤのシャキシャキ感が心地よく、ほんのりと香るシイタケも絶妙だ。

 魚好きにこよなく愛されるこの店。さかなクンほどの常連になると、自ら魚を持ち込んで調理してもらうこともあるのだそう。

 また、ランチの定食はワンコイン(500円)で味わえるというからこれまたお得。魚料理のみならず、カレーや肉料理などもイケるともっぱらの評判だ。魚好きもそうでない人も、要チェック!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る