【リコー】昔モーレツ、今アフター5が充実

公開日: 更新日:

 1936年に理化学研究所が開発した「理研陽画感光紙」の製造、販売を目的として設立された同社。母屋は揺れているが、長年、「販売のリコー」と呼ばれるほど営業力が強いといわれてきた。

 営業部門で管理職を務めるAさん(50)は、「10年ほど前まで残業代は付け放題でした。200時間という月もあり、年間で数百万円はもらっていましたね。ほぼ毎日、客先に出向き、目を光らせて他社が入り込まないようにしていましたから。ただ、リーマン・ショック以降は賞与も渋くなり、今では800万円弱くらいです。係長までは残業が付けられますが、管理職になると100万円くらい下がっちゃいますね」と話す。

 社宅や契約保養施設もあり、カフェテリアプラン(年12万円分)を使えば社食が半額で食べられるという。

 Aさんは「飲み会も盛んで、職場はのんびりしています。ただ、上の言うことは絶対なので、ヒラメ君が多いですね。海底でじっと動かず、目だけギョロッとしているという意味です」とも話す。

 同社は、4月以降、午後8時から翌日午前8時までの勤務を「原則として禁止」する新たな勤務制度を導入。どうしても残業する場合は、事前申請が必要だ。これにより、勤務時間は大幅に短縮され、喜んでいる社員も多いという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る