【リコー】昔モーレツ、今アフター5が充実

公開日:  更新日:

 1936年に理化学研究所が開発した「理研陽画感光紙」の製造、販売を目的として設立された同社。母屋は揺れているが、長年、「販売のリコー」と呼ばれるほど営業力が強いといわれてきた。

 営業部門で管理職を務めるAさん(50)は、「10年ほど前まで残業代は付け放題でした。200時間という月もあり、年間で数百万円はもらっていましたね。ほぼ毎日、客先に出向き、目を光らせて他社が入り込まないようにしていましたから。ただ、リーマン・ショック以降は賞与も渋くなり、今では800万円弱くらいです。係長までは残業が付けられますが、管理職になると100万円くらい下がっちゃいますね」と話す。

 社宅や契約保養施設もあり、カフェテリアプラン(年12万円分)を使えば社食が半額で食べられるという。

 Aさんは「飲み会も盛んで、職場はのんびりしています。ただ、上の言うことは絶対なので、ヒラメ君が多いですね。海底でじっと動かず、目だけギョロッとしているという意味です」とも話す。

 同社は、4月以降、午後8時から翌日午前8時までの勤務を「原則として禁止」する新たな勤務制度を導入。どうしても残業する場合は、事前申請が必要だ。これにより、勤務時間は大幅に短縮され、喜んでいる社員も多いという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る