社員の毛穴に染み込むほど強烈 「正露丸」の恐るべきパワー

公開日: 更新日:

 誰もが一度は飲んだことがあるだろう、ラッパのマークの正露丸。作っているのは大阪の「大幸薬品」という会社だ。100年以上前の日露戦争に兵隊が携行し、下痢や腹痛に劇的に効いたことからその名(当時は征露丸)が全国に知れ渡った国民的常備薬。しかし、なぜ効くのか知らない人は多いのでは?

「秘密は主成分である“木クレオソート”にあります」
 こう言うのは、同社広報部の富田美貴さんだ。

「木クレオソートは、マツやブナの煙を精製して作る淡黄色透明の液体で、防腐剤に使われる石炭クレオソートとは異なります。1830年にドイツの化学者が精製に成功し、以来、消化器官によく効く薬として世界中に広まり、アメリカの南北戦争でも使われました。
 日本では1902年から『忠勇征露丸』の製造販売が始まり、森鴎外が軍医だった頃に軍薬として研究され、日露戦争に携行されたのは有名な話。1946年に弊社が『忠勇征露丸』の製造販売権を得て以来、ラッパのマークの正露丸としてご支持をいただいています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか