社員の毛穴に染み込むほど強烈 「正露丸」の恐るべきパワー

公開日:  更新日:

 誰もが一度は飲んだことがあるだろう、ラッパのマークの正露丸。作っているのは大阪の「大幸薬品」という会社だ。100年以上前の日露戦争に兵隊が携行し、下痢や腹痛に劇的に効いたことからその名(当時は征露丸)が全国に知れ渡った国民的常備薬。しかし、なぜ効くのか知らない人は多いのでは?

「秘密は主成分である“木クレオソート”にあります」
 こう言うのは、同社広報部の富田美貴さんだ。

「木クレオソートは、マツやブナの煙を精製して作る淡黄色透明の液体で、防腐剤に使われる石炭クレオソートとは異なります。1830年にドイツの化学者が精製に成功し、以来、消化器官によく効く薬として世界中に広まり、アメリカの南北戦争でも使われました。
 日本では1902年から『忠勇征露丸』の製造販売が始まり、森鴎外が軍医だった頃に軍薬として研究され、日露戦争に携行されたのは有名な話。1946年に弊社が『忠勇征露丸』の製造販売権を得て以来、ラッパのマークの正露丸としてご支持をいただいています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る