カレー好きの森山直太朗も納得!インドカレーの隠れた名店「ライオンシェア」

公開日:  更新日:

 軽快なトークがうけて、バラエティー番組にもたびたび出演しているシンガー・ソングライターの森山直太朗(37)。カレーが大好物で、ある番組で紹介したのが代々木にあるインドカレーの店「ライオンシェア」だ。

 場所は代々木駅から徒歩10分ほどのマンションの1階。カレーはかつて長野県松本市に店を構えていたインドカレーの名店「シュプラ」の味をそのまま受け継いだもので、作り方も食べ方もオリジナリティーにあふれている。「小麦粉は一切使用せず、油もほとんど使わず、素材の持ち味、スパイスの風味を生かしています」と話すのはスタッフ。

 パラパラに仕上げたドライキーマカレー、そしてじっくり煮込んだスープカレーと、主に2種類のカレーがあり、どちらも地元客のみならず遠方のファンにも幅広く親しまれている。

 ランチタイムのオススメは、2種類のカレーがセットになった「Aランチ」(1200円)。ひとつはキーマカレー、もうひとつは数種類の中から好みでチョイスできるというもので、店のイチオシは骨付きチキンと完熟トマトが入ったスープカレー「トマトとチキンのカレー」との組み合わせだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る