傘のない女性は狙い目…働く女は「平日昼間」がオチやすい

公開日: 更新日:

 身の回りにめぼしい女性もいないし、合コンもタマ切れ、と嘆いている男性に朗報だ。日刊ゲンダイ本紙の調べによると、営業職の女性100人中84人が平日昼間、外出中にナンパにあった経験があり、その80%が連絡先を交換していることが分かった。そこで彼女たちがオチた「リアルなナンパテク」を徹底取材した。

 ナンパされた場所で多いのは、スタバではなく、コーヒー1杯100円台のコーヒーショップやファストフード店。彼女たちが時間潰しによく利用しているのだ。他には、東京駅の休憩所、信号待ちなどが挙がった。仕事中の女性なんて隙がないと思うかもしれないが、営業職だけに初対面の人にも親切、ナンパでも怪訝な顔をせず受け入れてくれる。ある意味成功率が高く、男の痛みが分かる女性が多いという。では、どんなフレーズでオチたのか。分類別に紹介する。

▼リスペクト一目ぼれ型

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る