傘のない女性は狙い目…働く女は「平日昼間」がオチやすい

公開日:  更新日:

 身の回りにめぼしい女性もいないし、合コンもタマ切れ、と嘆いている男性に朗報だ。日刊ゲンダイ本紙の調べによると、営業職の女性100人中84人が平日昼間、外出中にナンパにあった経験があり、その80%が連絡先を交換していることが分かった。そこで彼女たちがオチた「リアルなナンパテク」を徹底取材した。

 ナンパされた場所で多いのは、スタバではなく、コーヒー1杯100円台のコーヒーショップやファストフード店。彼女たちが時間潰しによく利用しているのだ。他には、東京駅の休憩所、信号待ちなどが挙がった。仕事中の女性なんて隙がないと思うかもしれないが、営業職だけに初対面の人にも親切、ナンパでも怪訝な顔をせず受け入れてくれる。ある意味成功率が高く、男の痛みが分かる女性が多いという。では、どんなフレーズでオチたのか。分類別に紹介する。

▼リスペクト一目ぼれ型

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る