• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中3学力テストで1位 子どもの成績伸びる「福井県式」の効果

 中学や高校、大学の受験まであと3カ月に迫るこの時期、酒の席でも子供の学力が話題になる。少しでも子供の成績をアップさせたい人は、“福井方式”を取り入れるといい。福井県は、今年度の中3全国学力テストで、「数学A・B」「国語A・B」の4科目中3科目で全国トップなのだ。全国平均以下の学校は一校もなく、成績のバラつきも極めて少ない。何がすごいのか。

■始業前の朝学習

 福井県の中学生は、午前8時前に正門をくぐる。8時ちょうどに走ってやってくる生徒は、校門で待ち構えていた先生からポンと尻を叩かれ、教室に急ぐ。始業は8時半だが……。

「毎朝8時から8時25分に、生徒一人一人のペースに合わせて、問題を解くのです。できたら、各自答え合わせをして、次の課題や読書をする。1、2年生は、数学の計算問題や漢字、英単語など朝用の副教材で、3年生は高校入試対策のプリントです」(福井市内の公立中教師)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る