【日本生活協同組合連合会】食品から医療、葬儀までの巨大組織

公開日:  更新日:

 全国に2700万人の組合員を有する日本生協連。出資するCO・OPの看板でも有名だ。

 食品や商品の共同購入販売だけでなく、共済事業や医療・介護、冠婚葬祭から住宅販売まで多岐にわたる。

 職員のAさん(32)は「年収は約600万円で世の中の平均レベルですね。課長で800万円、部長で1000万円が昇給モデルです。基本的に年功序列ですが、自己申告の目標を達成すれば評価が上がります」と話す。

 職員数は、約1400人。生協の上部組織なので現場の生協ほど仕事はきつくはないという。

「ただ、組合員が減少傾向にあり、いつまで売り上げが安定しているか、疑問視する声も聞かれます」とAさん。

 顧客に女性が多いことや組織自体が女性の権利向上をうたっていることもあり、定年まで働き続ける女子社員も多い。また、女性の管理職も比較的多いのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る